シミ対策には毎日の食事が大切!シミを消す食べ物は何が有効?

身体の内側からシミ対策!シミを消す食事を心がける

 

シミを消すためには内側と外側、両方からのアプローチが必要ですよね。

 

  • 外側からのアプローチは美白化粧品を使う、ターンオーバーを促すマッサージをする、紫外線を避けるためのUVケアなど。
  • 内側からは毎日の食事、たっぷりと睡眠を摂る、過剰な活性酸素を発生させない、などがシミ対策になります。

 

 

どの化粧品を使っても肌の調子が良くならない、シミが薄くならないという人がいます。
原因は化粧品ではなく、日々の食事なのかもしれません。


私達の身体は日々の食べ物からできています。
毎日の食事は3ヶ月で、細胞をよくも悪くも変化させると言われています。
シミに対策になる、美肌のための食事を心がけましょう!

 

 

 

シミを消す食べ物は?抗酸化物質の王道ビタミンA・C・Eを押える!

 

強い抗酸化作用に皮膚のバリア機能UP・美肌の優等生ビタミンA

 

美肌のためには、なんといってもビタミンAです!

 

ビタミンAは強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を抑えてメラニン色素の発生を抑制してくれます。

 

保湿作用・表皮細胞の再生促進・コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞の活性化・皮膚のバリア機能のUPしてくれる美肌効果抜群・アンチエイジングの優等生です。

 

ビタミンAを摂り過ぎると過剰症になり、疲労感や吐き気、睡眠障害などを引き起こします。
サプリメントで補給するときには過剰摂取に気を付けてください。

 

その点、βカロチンのカタチで接種すると肝臓に蓄積されて、必要に応じてビタミンAに変化するので過剰症にはなりません。

 

βカロチンでの摂取をおススメします。

 

βカロチンが多く含まれる食品

 

 

ニンジン・シソ・モロヘイヤ・パセリ・ケール・ほうれん草・春菊・かぼちゃ・小松菜などの緑黄色野菜

 

シミ対策にはやっぱりビタミンC!還元作用でメラニンを薄くします

 

男女問わず、誰でも美肌にはビタミンCが良いと知っているぐらいポピュラーな栄養素がビタミンCです。

 

還元作用によるメラニンの美白効果とメラニン抑制効果で、シミの予防と改善の両方からアプローチできます。

 

抗酸化力が強く、活性酸素から肌を守って肌の老化を防ぎます。
コラーゲン生成の促進作用があり、肌にハリと弾力を与えてくれます。

 

ビタミンCが多く含まれる食品

 

 

ブロッコリー・芽キャベツ・赤ピーマン・カリフラワー・ザクロ・いちご・レモンなど

 

シミを排出するビタミンE!毛細血管の血流を良くして皮膚の新陳代謝を促進

 

高い抗酸化作用により、細胞の酸化によってできるシミやくすみを防いでくれます。

 

毛細血管の血流を良くする働きがあるので、肌のターンオーバーが促進されて黒ずんだ固い角質を排出してくれます。
ホルモンバランスを整え、肌荒れの予防や改善をしてくれます。

 

ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、過剰摂取に気を付けてください。
骨粗鬆症になる危険性があります。

 

ビタミンEが多く含まれる食品

 

 

アーモンド等のナッツ類・うなぎ・いわし・たらこ・木綿豆腐・卵・キウイフルーツ・レモンなど

 

 

 

単品での摂取はNG!!バランスの良い食事がシミ対策になる

 

 

それぞれに特徴のあるビタミンですが、単体で摂っても効果が薄くなります。

 

ビタミンEは活性酸素を抑えこむと同時に自らが酸化してしまいます。
そこでビタミンCを一緒に摂るとすぐに還元され、再び活性酸素と戦うことができるようになります。
また、同じく抗酸化作用を持つビタミンAも一緒に摂ることによって相乗効果が得られます!

 

ビタミンACEはビタミンエースと呼ばれており、アンチエイジング・美肌のビタミンとして高い効果があります。

 

積極的に摂取して、身体の中からキレイになってシミを追い出しましょう。

 

 

【3ヶ月でシミが薄くなってきました!】

 

 

>>美白オールインワンジェル効果ありました!実体験レポはこちらへ<<

関連ページ

芸能人の愛用者は?
ホワイトニングリフトケアジェルはランキングでも高評価で、医学誌にも美白成分の有効性が掲載されている実力派です。シミウスブランドは芸能人やモデルの愛用者が多いようです。