毛穴のたるみと決別!シミウスでコラーゲンを生成|肌ツヤを取り戻す

30代からの毛穴の悩みはたるみ毛穴

 

 

30代に入るとたるみによって毛穴が目立つ「たるみ毛穴」が気になる人が増えてくるようです。頬に毛穴が目立ち、形が涙型や楕円形、上に引っ張ると毛穴が消えるのが「たるみ毛穴」です。

 

加齢による影響が大きいので、30歳以上の人に多いと言われています。

 

 

毛穴のたるみの原因は、真皮層にあります。

 

真皮はコラーゲンやエラスチンなどの繊維成分と、それらを作り出す繊維芽細胞でできています。
網目状に張り巡らされたコラーゲンと、コラーゲンの束をバネのように支えているエラスチンが肌の弾力を生み出しています。

 

年齢と共に真皮の繊維芽細胞の働きが衰えるので、コラーゲンやエラスチンが減少して肌がハリや弾力を失います。

 

弾力を失った肌は重力に耐え切れず、毛穴の周りが下に垂れて毛穴が縦に引っ張られます。
これが涙型の毛穴の正体です。

 

 

 

繊維芽細胞を守ってコラーゲンを生成、毛穴のたるみを改善する!

 

たるみ毛穴は肌の老化の初期段階です。

 

そして、肌の老化は真皮にある繊維芽細胞の働きにかかっています!
ここがコラーゲンを生成してくれなくなると、肌のハリツヤがなくなりたるみができます。

 

 

全ての肌の老化はこの繊維芽細胞にかかっていると言っても過言ではありません!!
繊維芽細胞を活性化させることが美肌の1番の王道です。

 

自分の血液と皮膚の一部を採取して培養し、繊維芽細胞に注入して活性化させる再生医療技術を使った美容医療もあるぐらい美肌に大切な役割を果たしています♪


繊維芽細胞の働きを守るために必要な5つのこと

 

1. 紫外線(UVA)を防ぐ

 

紫外線は真皮にダメージを与え、繊維芽細胞も傷つけてしまいます。
真皮に届くのはUVAなので、PA値の高い日焼け止め化粧品を選びましょう。

 

2. 血流を良くして肌ツヤを出す

 

顔の血流が良くなると繊維芽細胞がコラーゲンやエラスチンを作りやすくなるので肌にハリと弾力が出てきます。

 

おススメはリンパマッサージです。
リンパの流れが良くなると代謝が上がり、血流が良くなります。

 

3. 肌のバリア機能を高めるために保湿を徹底!真皮へのダメージを防ぐ

 

肌のバリア機能は摩擦などの外的刺激や紫外線をブロックして体を守ると同時に、肌の潤いをキープする役割があります。

 

このバリア機能が低下すると紫外線ダメージがダイレクトに肌に届き、真皮を傷つけてしまいます。

 

乾燥とバリア機能は相互関係にあります。

 

つまり、肌が乾燥するとバリア機能が低下して真皮が傷つき、繊維芽細胞もダメージを受けてしまいます。バリア機能をアップするために欠かせないのが保湿なので、保湿ケアを徹底する必要があります。

 

保湿ケアを徹底するためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

潤いを蓄えることのできる肌を作る土台となるのが、正常なターンオーバーです。
ターンオーバーの周期が長くなると、角層には常に古い角質が居座ってしまいます。
古い角質が溜まると肌がガサガサになり、水分を保持することができません。

 

ターンオーバーが正常の周期であれば、潤いを蓄えることができる健やかで強い肌になります。

 

古い角質を除去してターンオーバーを促進させるには、リンパマッサージが有効です。

 

4. 活性酸素を増やさない

 

体内で発生する活性酸素は加齢とともに増加しています。
しかも恐ろしいことに、繊維芽細胞は活性酸素が増えるとコラーゲンを壊す物質をたくさん作ってしまうんです!

 

活性酸素を増やさないよう、下記のことを避ける生活を送って繊維芽細胞を守りましょう!

 

  • 睡眠不足
  • ストレス過多
  • 疲労
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 糖質の摂り過ぎ
  • 動物性たんぱく質の摂り過ぎ
  • 過度な飲酒
  • 食品添加物の摂取
  • 大気汚染

 

完全に避けることは難しいので、日々の食事でビタミンCやE、ポリフェノールなど、抗酸化作用のある食品を積極的に摂るのがおススメです。

 

ビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷりのアボカドが特におススメの食材です。

 

 

5. 肌の乾燥を防ぐ食品を摂取して、肌を保湿する

外からのケアと同時に、身体の内側からのアプローチも大切です。
β-カロテン/ビタミンAが含まれる食品・セラミドが含まれる食品・ムコ多糖類の多い食品がおススメです。

 

 

β-カロテン/ビタミンAが含まれる食品

皮膚の潤いを保って乾燥を防ぎ、肌を健康に保ちます。
イワシなどの青魚・にんじんやカボチャ・ブロッコリーなどの緑黄色野菜・乳製品・卵・レバー etc...

 

 

セラミドが含まれる食品

角質層から水分が蒸発してしまうのを防ぎ、肌の潤いを保ってくれます。
こんにゃく・大豆・ほうれん草・黒ごま・ひじき・ゴボウ etc...

 

 

ムコ多糖類の多い食品

細胞の周りで水分を保持してくれます。
うなぎ・牛軟骨・イカ墨・納豆・山芋・オクラ etc...

 

 

いくら身体に良い食事を摂取しても、ポテトチップス等のジャンクフードや添加物たっぷりの食事はNGです。たまに食べる分には大丈夫ですが、せっかく肌に良い食品を摂取しても台無しにしてしまうので注意してくださいね。


 

 

肌のハリと弾力を取り戻すとっておきの方法

 

毛穴たるみを改善するためには、肌のハリと弾力を取り戻すことが大切です。

 

繊維芽細胞を守ってコラーゲンを生成して、さらにシミウス・ホワイトニングリフトケアジェルでのリンパマッサージを行うと最強です!

 

マッサージをすると肌がリフトアップして、内側から元気になっていくのを実感できますよ!
保湿にも効果があるので肌が潤って良いこと尽くしです♪

 

 

朝は1分のマッサージ。

何かと忙しい朝は無しでも大丈夫ですが、マッサージする方が変化を早く実感できます。
化粧のりも良くなるのでおススメです。

 

 

夜は3分のマッサージが効果的です。

翌朝の顔のむくみ具合が違って顔がスッキリと引き締まります。

 

毛穴たるみは上に引っ張ると消えてキレイに見えますよね?

 

リンパマッサージで頬をリフトアップさせて、毛穴たるみを改善させて肌のハリ感をUPさせましょう。

 

 

関連ページ

シミ・くすみ・目の下のクマ
アラサーになると次々と現れてくるお肌のトラブル。シミとくすみ、目の下のクマを解消する方法をご紹介します。
乾燥
オールインワンジェルは1つで肌のお手入れが済む反面、乾燥しやすいと言われています。肌が乾燥をしないとっておきのお手入れ方法をご紹介します。
たるみ・頬のしわ・ほうれい線
誰もが感じてしまう肌年齢の象徴である「たるみ」。肌の弾力とハリを取り戻すマッサージを実践して、たるみとほうれい線を改善する方法を紹介しています。
紫外線ダメージ・くすみ
紫外線によるダメージはそのまま放っておくと、どんどん老化が進みます。正しいケアで紫外線ダメージから回復して強くてしなやかな肌を作っていきましょう。
そばかす
ホワイトニングリフトケアジェルはそばかすにも美白効果があるのでしょうか?先天性と後天性のそばかすによって原因とケアの方法が変わってきます。
ニキビ・ニキビ跡
30代以降の大人ニキビは思春期にできるニキビとは違います。違いのメカニズムを理解して、正しいスキンケアでニキビとニキビ跡対策をしていきましょう!
小顔になりたい!
小顔になるための顔の筋トレとマッサージを紹介しています。表情筋を鍛えるあいうえお体操と、リンパマッサージのW効果で小顔になりましょう。