要注意!敏感肌はホワイトニングリフトケアジェル使わない方がいい?

敏感肌に合う化粧品を見つけるのは難しい

 

 

なかなか合う化粧品を見つけるのが難しいのが敏感肌。
少しの刺激でも肌が赤くなったりヒリヒリして大変ですよね…


 

敏感肌は肌を守るためのバリア機能が低下しているので、少しの刺激にも過剰に反応している肌質です。

 

このバリア機能が正常に働いていると、外からの刺激や紫外線、ウイルスなどから肌を守ってくれるので肌トラブルに強い肌になれます。

 

バリア機能を正常に働かせるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

敏感肌は保湿ケアを徹底して、肌のバリア機能をアップさせることが大切

 

 

バリア機能と保湿は相互関係なので、肌が潤うとバリア機能が正常に機能します。

 

肌が乾燥するとバリア機能が働かず、ガサガサでトラブルに弱い肌になります。
乾燥はシミやシワなど全ての肌トラブルの原因で、老化を一気に早めてしまいます!
もともと肌が持っている潤いをキープする力を引き出すケアを始めて、バリア機能を強化させましょう。

 

 

 

敏感肌はホワイトニングリフトケアジェル使わない方がいい?

 

いいえ、逆におススメです。

 

敏感肌は少しの刺激にも弱い状態なので、肌につける化粧品が少ない方が良いからです。化粧水や乳液、美容液を重づけすればするほど肌への摩擦が増え、ダメージにつながります。

 

敏感肌にはオールインワンジェル1つだけの方が肌の負担が少ないんです。

 

使われている成分も気になりますよね。ホワイトニングリフトケアジェルは肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウム(甘草エキス)シコンエキス、肌荒れの改善作用のあるサクラ葉抽出液などの自然由来の安全な成分から作られています。

 

プラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンなどの潤い成分もたっぷりと配合されているので乾燥対策が期待できます!

 

敏感肌でホワイトニングリフトケアジェルを効果的に使う方法

 

配合されている保湿成分を肌の奥にまでたっぷりと届けたいですよね。
肌に塗るだけでも保湿できるのですが、浸透率をUPさせるためにはマッサージが効果的です。

 

敏感肌のスキンケアはなるべく肌に触れる時間が少ない方が良いのですが、パッチテストをして問題が無さそうだったらマッサージをおススメします。

 

塗るだけのスキンケアより肌の潤いが全然違ってくるので、可能であればマッサージにトライしてみてくださいね。

 

 

敏感肌でホワイトニングリフトケアジェルを効果的に使うポイントは2つです。

パンフレットに書いてある規定の量よりも多めに使うこと

 

 

マッサージジェルの量が少ないと、肌への摩擦が増えてしまいます。
ここはケチらずに多めに使ってみてくださいね
摩擦を最小限にするために、あまり力を入れずに優しくゆっくりマッサージしてください。

 

 

ジェルを多めに使うと減りが激しくなるので1ヶ月もちません…
肌が潤ってくると1ヶ月に1個で十分足りるようになってきます♪


 

手の平で温めてからジェルを使うこと

 

 

マッサージに適した硬めのテクスチャで作られていますが、敏感肌の方がそのまま塗ると肌への刺激になってしまいます。
手の平で温めて、テクスチャを柔らかくしてから使用してください。

 

マッサージが終わって乾燥を感じるようであれば、ジェルを重ねづけしてくださいね。
保湿を徹底してバリア機能をアップ、刺激に強い肌に生まれ変わりましょう。

 

それでも肌が荒れてしまう場合は…

 

 

肌が荒れたり赤くなってしまったら無理に使わず、すぐに使用を止めてください!

 

無理に使うと余計に悪化させてしまう恐れがあります…

 

メビウス製薬では30日の返金保証システムがあります。

 

万が一肌に合わなくても、たとえ全部使い終わっていても、30日以内に連絡をすれば返金してもらえます。

 

電話だと億劫になるかもしれませんが、メールでも返金を受付けてもらえます。
使ってしまったのに返金なんて悪いと思わず、遠慮なくこのシステムを使いましょうね。

 

 

>>30日以内なら使用後でも返金できます!<<

関連ページ

どのシミにも効果があるの?
シミの種類は大きく分けて5つあります。シミの種類によってシミ消しのアプローチ方法が変わってくるので、先ずは正しく自分のシミについて知りましょう。
どうして着色料が入ってるの?
口コミでも着色料が入っていることが理由で評価が低い人が多いのに、どうしてホワイトニングリフトケアジェルに着色料が使用されているのでしょうか?サポートセンターに電話して聞いてみました。